本当に自分らしい仕事と人生の見つけ方

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチKiYOのブログ。

いま向いている向きを変えれば、現実が変わる

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

f:id:coach-kiyo:20211020195713j:plain

 
 

【今回のテーマ】

いま向いている向きを変えれば、現実が変わる

 

f:id:coach-kiyo:20220315182214p:plain

 

あなたが現実が望む方向に進まないとき。
 
そんなときは、
あなたが今向いている方向が違います。
 
人は、前に向かって進んでいます。
前にしか進ません。
 
駅まで行くのに、後ろ向きで行きませんよね?
駅まで横向きで歩きませんよね?
 
 
身体も心も同じなのです。
 
進むのは前です。
 
 
じゃあ、
前ってどっちなのか?
 
 
いま向いている方が前です。
 
 
そして、人は向いている方に自動運転で進みます。
アドラーの目的論)
 
だから、
向きを直すと進む方向が変わって現実も変わるわけです。
 
 
 
 

■ どうやって向きを変えるのか?

 
 
自分軸を立てることです。
 
自分軸とは、
ビジョン価値観
 
ビジョンとは「ありたい姿」
価値観とは「大事なこと」
 
このビジョンと価値観に
意識の焦点が当たることで、
方向が転換されます。
 
 
だけど問題は、
自分のありたい姿と大事なことが
分からなくなってしまうことです。
 
自分がどうありたいのか?
自分は何が大事なのか?
 
分からなくなっちゃう。
 
その原因は、心のブレーキが働くからです。
その心のブレーキの原因となるものが、
セルフイメージです。
 
「自分は〇〇である」という思い込みです。
 
自分にはできない、
自分には無理だ、
 
という自己認識です。
 
 
 

■ 実際の例

 
先日の個別セミナーを受講して頂いた方もそうでした。
 
 
ステップアップのために転職活動をしているけど、
退職理由をうまく言えない、と悩んでおられました。
 
 
この方は、自分の転職活動はうまくいくと
思えていませんでした。
 
優れたスキルやキャリアを築きたいけど、
自分はこのキャリアを始めた年齢が
遅めだったことがハンデになっている。
 
ご本人はそう考えていました。
 
年齢に比べて経験・スキルが不足している。
だからステップアップしたいのに、転職で評価されづらい。
 
 
しかしこれは、
ちょっと手厳しいことを言うと、
アドラーの言う人生の嘘なのです。
 
キャリアのスタートが遅いことは言い訳で、
ただ自分に自信がないのだと思います。
 
自分の望みを叶えるために、挑戦し、
うまくいかなくてもそれを乗り越える
勇気を出せていないのだと思います。
 
これはみんながそうです。
僕もそうです。
 
決してダメではありません。
 
 

■ 逃げることの目的

 
年齢に比較して経験・スキルが
足りないという過去は、
変えることができませんね。
 
変えることができないことを、
うまくいかない原因にしているのは、
ただ逃げているということなのです。
 
でも僕は、逃げちゃいけないなんて言えません。
僕自身、逃げてばかりの人間だからです。
 
逃げるという行為は、生き物として正常な行為です。
野生の動物が、逃げるのは良くないよって言ってるイメージわかないでしょ?
 
だけど、逃げることで得られるものは、
傷つかないことなのです。
 
悩んだりモヤモヤしてる人は、
本当は別のものを得たいはずなんです。
 
そういう人は、
逃げるという手段ではない選択が必要です。
 
過去の変えられないことばかり見て
逃げている状態は、
変えられない原因の方に向いている状態です。
 
 
だから、自分にはできないという
思い込みに気がつき、
本当はどうありたいのか、
自分にとって何が大事なのか、
ということを描くことが必要です。
 
それによって、向きが変わるからです。
 
 
 

■ みんな自分ではできない

 
だけど、その向きを変えることが、
自分ではできないのです。
 
意図的に自分でやることは、
本当に難しいです。
長年修練したカウンセラーでも難しいと思います。
 
だから僕たちは、人の手を借りるべきです。
 
僕も、自分でセルフコーチングをしますが、
やっぱり人に頼った方が、ずっと早くて効果的です。
 
 
この方もコーチングセッションで、
無意識で自分には難しいと思っていたことに気がつきました。
 
また、自分が大事にしたい
価値観・信念にも改めて自覚できました。
 
そして、セッションが終わった後に、
前職で憧れていた先輩の姿を思い出したそうです。
 
それこそがその人のビジョン(ありたい姿)です。
 
このようにコーチングセッションの後で、
大事なことを色々と思い出したり、
気づいたりすることがよくあります。
 
これも無意識の向きを変えたからです。
 
 
見るものを変えることで
勇気を出すことができます。
 
そのために、
自分ひとりで抱えないでください。
 
友達、カウンセリング、コーチングなど、
信頼できる人に頼ることがおすすめです。
 
受け止めてくれる他者がいるから、
僕たちは本音を出せるからです。
 
何でも自分の力で解決しなくてはいけないということは、まったくないのです。
 
 

 

【NEW】
<動画講座>
アドラー心理学でわかる「自分らしい天職の見つけ方の教科書」

3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

自己啓発本を10冊読むより、この動画で学んでください!



無料公開中!



 

 
 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter