本当に自分らしい仕事と人生の見つけ方

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチKiYOのブログ。

幸せな仕事と人生を創れない絶対原因はこれなのです

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

 
 
【テーマ】

幸せな仕事と人生を創れない絶対原因はこれなのです

 

 

 
先週末は、「天職の學校」第9期のDay4の講義がありました。
 
 
 
Day4のテーマは「使命(ミッション)を発掘する」。
 
使命(ミッション)の発掘は、
天職(本当に自分らしい仕事と生き方)を見つけるために必須要素です。
 
なぜなら、使命(ミッション)を持つことによって、以下の3つを得ることができるからです。
 
・仕事が生きがいに変わる
・最高の潜在力の発揮される
・幸福度も年収のアップする
 
 
 
使命(ミッション)を見ると、自分の仕事が″生きがい”に進化します。
 
生きがいは、やりがいのさらに上の意識レベルです。
 
キャリアとコーリングの違いとも言えます。
 
キャリアとは、仕事が競争やゲームです。
やりがいはありますが、勝ち負けの世界なので疲弊します。
やめたいのにそれでもやめられない人も多く、そういう人は潜在意識がブレーキをかけて、病気やケガやトラブルを引き起こします。
 
コーリングは、仕事そのものが生きる目的です。
勝ち負けの競争原理から脱し、協力原理で生きています。
だから他者は競争相手ではなく、協力しあう仲間になります。
自分以外の何者かになろうとする必要がなく、ありのままの自分で最高の潜在力を発揮することができます。
 
 
 
使命とは、どういう意味だと思いますか?
 
一人ひとりに与えられたその人の役割です。
自分の人生の意味です。
自分という命の存在意義です。
 
同じ人間が一人として存在しないのは、一人ひとりにその人だけの役割があるからだと、僕は考えています。
 
 
そうです。本当に自分らしい仕事と人生とは「役割分担」なのです。
あなたにしかできない役割があるのです。
あなたを必要としているのです。
 
 
さらに大切なことは、生きがいとは、他者貢献によってのみ得られるということです。
 
アドラー心理学では、幸福の絶対条件は「他者貢献」だと言っています。
 
以下はアドラーの言葉です。
 
  • 他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である
  • 苦しみから抜け出す方法はたった1つ。他の人を喜ばせることだ。「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい
  • 判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばいい。自分よりも仲間たち、仲間たちよりも社会全体。この判断基準で大きく間違うことは、まずないだろう

  • どうしたらみんなを喜ばすことが出来るかを、毎日考えるようにしなさい。そうすれば憂鬱な気持など、吹き飛んでしまいます。反対に自分のことばかり考えていたら、どんどん不幸になってしまいますよ

  • 人は貢献感を感じ、自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持つことができる
 
これでもかってくらい、他者貢献推しでしょ?
「他者貢献」って書かれたTシャツ着てそうです。アドラー
 
それほど、アドラーは他者貢献・貢献感が、幸福に重要であると説いています。
 
 
使命(ミッション)とは、自分の人生の意味が、誰かに貢献するためにあったことに気づくことなのです。
 
 
っていう話を講義でしても、受講生は目をパチクリさせています。
この世界での役割、人生の意味とか言われても、普段そんなこと考えたこともなく、ほとんどの人がピンと来ません。
 
それでも自分の使命を発掘する潜在意識のコーチングワークをやってもらいます。
 
私のこの世界での役割はなに?
私の人生の意味はなに?
私の存在する意義はなに?
 
なんて、わざわざ時間を作って真剣に自分に問いかけることなんて、ほとんどの人が生まれて初めてです。
この機会こそが貴重なものなのです。
 
自分には使命があるという前提を、自分の潜在意識に作ることになるからです。
 
僕たちが見えるものは、すべては潜在意識の前提次第なのです。
 
 
自分に与えられた、自分だけのミッションに気づくことが、幸福で自分らしい本当にやりたい仕事につながります。
 
天職の學校の受講生が、自分の使命に気づくことがめちゃくちゃ楽しみです。

 

 

 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

自分が変わらない潜在意識の理由を知ろう!

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

 
 
【テーマ】

自分が変わらない潜在意識の理由を知ろう!

 

 
「好きなことを仕事にしたい」
「やりたいことをやりたい」
「もっと自分らしい働き方がしたい」

という願いを持ち続けても、叶っていない人が多いのはなぜでしょうか?


前回のエントリで、その原因は性格のせいだと述べました。

ここでいう性格とは、性格が良い悪いというような、良い人悪い人、という意味ではありません。

性格とは、その人特有の思考・感情、行動のパターンのことです。
これが人生を創っているものです。


そして、もっと自分らしく働きたい、生きたいと思っているのに、それが実現できない核心的な原因は、下記の通りです。


****************************

人間は、自分の性格を変えないための能動的な努力をたえずやっている。だから変わらない。

****************************

ということでした。



ここまでが前回のエントリーです。




頭では、性格を変えたいと思っている。
自分の人生を変えたいと強く願っている。
なのに僕たち人間は、変えないという選択をする。
 
 
人生をよりよく変えるためには、
この理由を正しく理解することが必要です。


いくつかの理由を説明できますが、
最も根本的な要因を言いますね。



最大の理由は、
人は思い込みの世界に支配されているから。
 

僕たちは、自分の思い込みの世界で生きています。

この思い込みが性格を作っています。
性格とは、どんな思考をするか、どんな感情を持つか、どんな行動をするか、です。


僕たちが客観的に見ていると思っていることは、すべて自分の思い込みの主観です。

人間はみな、思い込みに凝り固まって生きていると言っても良いのです。

この“思い込み”を、アドラー心理学では認知バイアスと言い、NLPという心理技術では脳内プログラムと言います。

僕は、分かりやすいので脳内プログラムという表現をよく使っています。

「Aは〇〇である」という決まった方程式を、脳にプログラミングされることです。

この思い込みを変えることが、自分ではなかなかできないのです。

例えば、
「仕事とは我慢するものである」とか、
フリーランスになって稼ぐには、特別な優れたスキルが必要」とか、
「お金を稼ぐことは大変なこと」とか。
 
これらの観念は事実ではなく思い込みです。
人によって解釈が変わるものなんです。
 
 
しかし、「それは思い込みですよ」と言ったとしても、まず聞く耳を持ちません。


例えば、「自分は大したスキルや経験を持っていない」と思い込んでいる人がいたとします。

(実際にけっこう多いです。だけど本人にとっては当たり前の事実と捉えているので、それが思い込みだという自覚は持てていません)

そういう人はよくこう言います。

「私はスキルがないから、転職で面接が全然通らない」

何社受けたのか聞くと、たいてい3社くらいです。


「いやいや、たった3社じゃん!。みんなそんなもんだから!」

と言ったとしても、

「そっかー!ホントにそうだよね!」

と明るく受け入れる人はいません。


僕たちは思い込みの世界で生きていて、
それが当たり前だと信じ込んでいて、
その思い込みの通りだと当てはめて解釈してしまうんです。
 
思い込んでいることに都合のいいように、「やっぱり」「ほらね」という風にとらえ、思い込みを強化していきます。
 
そうでないこともあるのに、認めようとせず、例外として処理し忘れ去ります。
 
 
だから性格は変わらず、仕事も働き方も人生も変わらないのです。
 

さらに、思い込みに気づくことは日常では難しい。

この思い込みが、性格を作っています。
性格とは、その人特有の思考・感情、行動のパターンのことです。

何度も言いますが、自分らしい働き方や人生が実現しないのは、性格のせいです。



もっといきいきと自分らしく働きたいのに、それが叶わない理由とは。

「好きなことを仕事にしたい」
「やりたいことをやりたい」
「もっと自分らしい働き方がしたい」

という願いを持ち続けても、叶っていない人が多いのは、

性格が変わらないからです。
性格とは、その人特有の思考・感情、行動のパターン。
 
なぜなら、僕たち人間は思い込みの枠にとらわれているから。
 
いきいきと本当に自分らしく働き、生きるように変わるためには、
この思い込みを変えることが必要なのです。
 
 
この潜在意識の思い込みを変える理論と技術が、
アドラー心理学や潜在意識コーチングです。
 
 
 
思い込みを変えるための一歩目は何か?
この思い込みの無意識の仕組みを知ることです。
 
知らないということは、見えないということ。
知っているということは、見えるということ。
 
見えないものは変えることができませんが、
見えるものは変えることができるようになります。
 
 
みなさん、自分の当たり前を疑ってみましょう。
 
自分をどんな人間だと信じていますか?
仕事はどういうものだと信じていますか?
人はどんな存在だと信じていますか?
 

当たり前を疑いましょう。

当たり前は当たり前ではありません。

当たり前は自分で創るものだから。

 

そして、当たり前だと信じていることだけをキャッチしています。

それが僕たちの人生を創っているのです。

 

ということは、僕たちは自分で人生を創ることができる。

ということですよね。

 

 

 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

【アドラー心理学で解説】人の性格って変わるのか?

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

 
【テーマ】

アドラー心理学で解説
人の性格って変わるのか?

 

転職したい。
起業したい。
 
もっと自分らしく働ける転職がしたい。
やりたいことをやって自分らしく生きたい。
 
あなたは、こんな願望を思ったことがありますか?
 
でも、たぶん9割以上の人は、その願望を実現できていません。
人生が変わらない。
望んでいるのに、変われない。
 
その原因はどうしてだか分かりますか?
 
原因は、
 
 
性格のせいです。
 
 
自分らしくイキイキと働けるように変わるには、
性格を変えないといけないからです。
 
なのにほとんどの人は、
性格を変えることができない。
 
だから、転職するにしても起業するにしても、
もしくは転職も起業もしなくても、
 
自分らしくイキイキと幸せに働けるように変わるには、
転職や起業のスキルだけでは難しくて、
心理学や心理技術が有効なのです。
 
 
ではね。性格って変わるんだろうか?
 
性格って変わるんですかね?
あなたはどう思いますか?
 
うーん。
人の性格は変わらない?
いや、本気になれば変えられる?
 
アドラー心理学ではこう考えます。
 
 
アドラー心理学の日本の第一人者の野田俊作先生はこう言います。
 
--------------------------------------------
 
なかなか変わらないっていう実感はありますよね。
たしかに、普通はなかなか変わらない。でも、私はこう思うんです。
性格は本当はとても変わりやすい。ただ、人間は、自分の性格を変えないための能動的な努力をたえずやっている。だから変わらない。
 
ほおっておくと性格はどんどん変わってゆく。それではいろいろと困ることがあるので、性格が変わらないように、いつもエネルギーを注ぎこんでいる。無意識的にですけれどね。
 
--------------------------------------------

 

 
言っている意味、分かりますか?
 
僕はとても納得です。
 
 
自分の性格を嫌っていても、性格ってなかなか変えられないもの、という認識が当たり前の常識です。
 
そもそもこの常識が間違っているのです。
 
人間は、自分の性格を変えないための能動的な努力をたえずやっている。だから変わらない。
 
この認識を持っているか、持っていないかで、人生は大きく変わります。
 
 
自分の性格が嫌いで、自分を変えたい、変わりたいととても苦しんでいる人でさえも、
無意識的に性格を変えないことをがんばってるのです。
 
 
自分らしい本当にやりたいことを仕事にし
いきいき幸福な生き方に変わるためには、
 
要するに本当に自分らしい天職を実現するためには、
この認識を持つことがとても重要なんです。
 
自分らしく働けない、生きられないのは、
性格が変わらないことが原因だからです。
 
 
性格とは、その人特有の思考、感情、行動のことです。
 
これらは自ら選択することができるという認識が必要なのです。
 
 
 
仕事や働き方、そして生き方を変えられない9割の人は、
性格は変わらない、変えられない、
だから自分の人生は決まっている。
 
という認識を無意識的に持っている人なのです。
 
 
頭では性格を変えたいと思っているのに、
どうして変えないという選択をするのか?
 
それには理由があります。
 
次回、解説をお話しますね。
 
自分らしい本当にやりたい仕事と生き方、天職の実現に、役立ててくださいね。
 
お楽しみに。
 
 
 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

【保存版】自責と他責の正しい意味。責任の意味を問題の原因と捉えていると、幸せな人生を創れない理由

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

15456_original

 
 
天職。
 
本当の自分の本当にやりたいこと実現し
幸せな人生を創造できる人と、
できない人は、
一体何が違うのか?
 
 
勘違いしやすのは、決して能力やテクニックの違いではないのです。
 
違いは、「自分の人生は○○次第」の、
〇〇の中身に潜在意識で何を入れているかです。
 
この潜在意識の使い方で、
人生そのものがまるっきり違うものに変わります。
 
 
今日の話は、
僕たちの人生を創っている無意識の心理の仕組みを正しく理解できる内容です。
 
だから保存版なのです。
 
 
 
「人間は自分の運命の主人である」
 
 
 
 
 
今回は、正しい自責と他責についてお話します。
 
大げさでなく、人生が変わるお話です。
永久保存し、何回、何千回、何万回も読み返してもらいたい内容です。
 
あなたが人生に迷ったときや、
どうしていいか分からず辛くて苦しいときに、
きっと勇気を取り戻すきかっけになりますよ!
 
 
 
今回のお話は、アドラー心理学の思想がふんだんに盛り込まれている話です。
 
けれど、アドラー心理学の用語は出てきません。
 
主体論、目的論、認知論、全体論、といった概念の話なんですけど、ややこしくなるので、今回は普通に話しますね。
 
 
さてあなたは、無意識にこんな風に思っていませんか?
 
私がいまこうなっているのは、誰々のせいだ。
私の人生は、誰々が影響している。
 
というふうに。
 
僕は思っていましたよ。
今でもそう思うときがあります。
 
誰々というのは、親だったり、配偶者だったり、恋人だったり、上司だったり、会社だったり、友達だったり、その人によって様々な人が当てはまると思います。
 
 
このように、自分の人生の幸せや不幸の結果を
誰かのせいにすることや、環境が原因だと思うことを、
他責といいますね。
 
自分の幸せは他人の責任、という捉え方です。
 
 
 
他責思考の生き方は、
 
 
人生の苦しみから抜けることができず、
本当の自分の人生を生きることができず、
幸せな人生を実現できません。
 
 
他責思考が染みついている人にこう言うと、
怒ったり傷ついたりします。
 
 
「じゃあ何?私が悪いってこと?!」
 
って、自分が悪いのだと責められている感覚に捉えてしまうんです。
 
あなたは悪くないよ、と言っても
受け入れられない…。
 
悪い原因と思っていた人や環境のせいではないと言われることに、自分が否定されているような、攻撃されてるかのように捉えてしまうんです。
 
これ、誰か悪者がいることを必要とする人生と生き方になってしまっているの、分かりますか?
 
悪者の存在を必死に守っているという、矛盾するおかしなことになっているでしょう?
 
 
誰々のせいで、私は怒っている。
何々の環境のせいで、私は〇〇ができない。
 
と、あくまで客観的事実だと信じ込んでいるのです。
 
ここがポイントです。
 
客観的事実ではなく、主観的思い込みなのです。
 
 
他責思考が染み付いている人は、
他責で生きることの目的を持っています。
目的を持つとは、メリットがあるということです。
 
アドラー心理学では「善」と言います。
善悪の善ではなく、自分にとっての善いこと(メリット)ということです。
 
 
その目的となっている善(メリット)とは何か?
 
私の人生や不幸せ、不運や苦しみは
〇〇のせい、〇〇の影響、と
他責思考を持っていれば、
 
人生の困難を向き合うことから逃げられるということです。
幸せに生きる勇気を出さずに済むんです。
 
自分を信じ、
人を信じ、
自らの意思を持って未来へ一歩踏み出すことを避けられるのです。
 
本当に望む未来へ踏み出すことで
失敗して傷つくことを避けられるというメリットを得られるのです。
 
親がこうだったから、私はこんな性格なんだ。
あの人のせいで私は深く傷ついて、トラウマになった。
 
こう考えることで、
夢や希望に踏み出し
失敗して傷つくことを避けているのです。
 
本当は、ただただ、自信がなくて怖いだけなんです。
 
その自信がなくて怖いという自分を見ることも、避けています。
 
 
誰々が間違っている。
誰々に傷つけられた。
 
これは事実でしょう。
何も間違っていない。
 
でもね、それを利用していませんか?
 
自分の臆病さをごまかすことに、
自分の未来から目を背けることに、
利用していませんか?
 
 
いいですか?
 
ショッキングなことかもしれないけれど、
よく聞いてくださいね。
 
 
あなたの人生は、他者によって決まっていません。
 
あなたの幸せは、他者によって決まっていません。
 
あなたの人生も幸せも、あなたが創っているのです。
 
 
もしかすると、にわかには受け入れがたい言葉かもしれない。
 
けれども、本当に自分らしい仕事と生き方を実現するには、これを受け入れることは絶対条件です。
 
がんばっても、がんばっても、人生を変えられない人は、これを受け入れていないがために、自分を縛る人生の鎖から解放されないのです。
 
 
たしかに、特に幼少期の頃の外部環境は人生に多大な影響を与えます。
 
しかし、それで人生や幸福は決定はしないのです。
 
人間は環境によって作られ、
人間が環境を作るのです。
 
僕たち大人は、自分の人生を自分で創ることができる。
 
これが本当の意味の自責です。
 
他責は、自分の人生も幸せも他人次第だと認識することです。
 
 
責任の意味を、誰が悪いとか、誰のせいとかいう意味で捉えていませんか?
 
そもそもその解釈が違うんです。
 
その解釈だと幸せになれないのです。
その解釈だと人生を変えられないのです。
その解釈だから、本当にやりたいことが実現しないのです。
 
 
責任とは、
誰次第なのかということです。
 
他責は他人次第。
自責は自分次第。
 
だから自責とは、自分次第で未来を変えられる、未来を選択できる、ということなのです。
 
いいですか?
自分の人生は、他の誰かが影響して決まっているのではなく、自分が決めているのです。
 
人生に強く不満を抱いているとしても、
もっと違う人生を望んでいるとしても、
自分の人生の現実は、自分自身が選択している現実なのです。
 
まずこれを認め受け入れることから、すべてはスタートします。
 
 
僕はずっと、母親から愛されていなかったと思っていました。
 
母は20年ほど前に死にました。
だから今では確かめようがありません。
 
「お母さんは絶対愛していたよ」
 
と、慰め励ましてくれた人もいました。
 
だけど僕は、
 
「そう思わなくちゃいけないわけ?そう思えないオレはダメな人間ってこと?」
 
と、強く反発する感情が湧きました。
 
僕の人生の苦しみは、母親の影響だと思っていました。
 
今にして思えば、母親に愛されていたと認めない目的を持っていたんです。
 
母親から十分に愛されなかったから、自分は十分に人を愛せず、人から愛されないんだ。
 
と、原因づけしていたのです。
 
本当の自分で愛され、
他者を愛すること、
そして幸せな人生へ踏み出すことから逃げるために、母親を利用していたのです。
 
愛や喜びではなく
恐れを避けるという選択をし、
そのために母親が厳しかったことを利用していたのです。
 
いくら母親のせいにしても、
逆に、母親から愛されていたと認めようとしても、
心は楽になりませんでした。
 
僕は悩み苦しみ、
心理学やコーチングを学び実践しつつ、
自分自身もコーチングやカウンセリングを受けて
自分と向き合いました。
 
 
するとある時にふと、気がついたんです。
 
あれ?もしかして、
母親から愛されていようが、愛されていまいが、
オレの存在価値には何の関係もないの!?
 
って。
 
カミナリが落ちたような衝撃でした。
 
ちなみにこの気づきは、夜に近所を歩いていたら、唐突に降りてきました。
無意識の、焦点化の法則と空白の法則ですね。
向き合っていたから、無意識が必要な情報をキャッチしてくれたわけです。
 
 
 
あなたも僕も、
誰に愛されようが、誰に好かれようが、
誰に嫌われようが、誰に怒られようが、
 
あなたの人間としての価値には何も関係ないのです。
 
あなたが愛されないことに1ミリも関係ないのです。
 
自分の価値は、自分で決めるものなのです。
 
 
そう考えられたときに、
他者から愛されていたことにも気づけるのです。
こういうパラドックス(逆理)なのです。
 
 
 
本当に自分らしい仕事と生き方を創るには、
 
自分を愛し、人を愛せない限りは実現しません。
 
そのためには、心の体質が他責から自責に変わることです。
 
自責とは、自分のせいではなく、自分次第だという解釈です。
 
悪者探しをやめましょう。
悪者を必要とする生き方をやめましょう。
 
 
本当に自分らしく幸福に生きるためには、
「〇〇だからできない」という考え方から、
「〇〇だからできる」という考え方へ。
見かたを変えることです。
 
 
出典元は忘れましたがが、アメリカだったか海外でこういう話があります。
アルコール依存症の親の家庭に育った双子がいて、テレビ番組が将来どうなったか追いました。
 
アルコール依存症の家庭に育った子どもは、大人になるとアルコール依存症になる可能性が高いという統計があるんです。
 
双子がどんな大人になったのがテレビ番組が追っかけました。
 
すると、一人はアルコール依存症になっていました。
しかし、もう一人はアルコール依存症にならず弁護士になっていて、さらに結婚して幸せな家庭を築いていたそうです。
 
この二人に「あなたはなぜこうなったんですか?」と、
同じ質問をすると、なんと同じ回答が返ってきたというのです。
 
その回答はこうです。
 
 
「あんな家庭に育ったんだから、こうなるに決まっています」
 
 
 
もう一度言います。
 
 
「〇〇だからできない」という考え方から、
「〇〇だからできる」という考え方へ
見かたを変えましょう。
 
変えることは可能です。
 
 
本当に自分らしい仕事と生き方を創るには、
他責から自責の体質に変わることです。
 
自責とは、「自分が悪い」ではなく、「自分次第」だという解釈です。
 
悪者探しをやめましょう。
悪者を必要とする生き方をやめましょう。
 
 
あなたの人生は、他者によって決まっていません。
 
あなたの幸せは、他者によって決まっていません。
 
あなたの人生も幸せも、あなたが創っているのです。
 
 
 
あなたが育った環境は、
あなたが負った心の傷は、
 
その経験を
自分の人生から逃げることにも使えるし、
本当の自分の人生を創ることにも使えるのです。
 
 
幸福に本当の自分の人生を生きるために、
 
自分にはできることがある
自分の選択が未来を創っている
 
という前提に立ちましょう。
 
 
これって、厳しい話にも聞こえるんだけど、
実はすごく希望のある話なんですよ。
 
 
だって、未来は白紙ということなのだから。
 
未来はあなたが自由に選択できるということなのだから。
 
 
だからね、恐れずに
夢を持ってください。
理想を描いてください。
 
 
あなたは、未来を創る力を持っているのです。
あなたは、あなたの人生の主人なのだから。
 
 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

仕事は、旅行でいえば乗り物だ

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

15456_original

 

今回のテーマ

仕事は、旅行でいえば乗り物だ

 

 
未来は視点で変わります。
 
これはアドラー心理学の認知論と目的論という中核概念に該当することです。
 
 
 
「自分に向いてる仕事って何だろう?」
 
「自分にできることなんて、大してないんじゃないか?」
 
 
こんなこと考えませんか?
 
僕も会社員を辞めたときからしばらく、ずっとそう考えていました。
 
でも、見つかりませんでした。
 
今では分かります。
そう考えているから見つからないってことが。
 
なぜなら、仕事は手段であって目的ではないからです。
 
目的が見えていないのに手段を探しても見つかるはずがないのです。
 
多くの人がこの罠にハマっています。
迷子になっている原因です。
そして分からないから当て勘で転職して、失敗するのです。
 
仕事は手段です。
旅行で言えば、乗り物です。
 
目的は、
どこに行きたいのか。
 
そして、
そこで何を得たいのかです。
 
すなわち、ビジョン価値観です。
これを自分軸と言います。
 
 
旅行の計画で、乗り物から考えてはいけません。
 
何の仕事をするのか、どんな働き方をするのか、どんな資格を取るのか。
これらはすべて乗り物なのです。
 
乗り物すなわち手段に意識が向いていては、
「本当にやりたい自分らしい仕事と生き方」は
見つからなくて当然ですよね?
 
これ、さらっと言っていますが、
ものすごく重要なことを言っています。
 
すべてのことに共通する超重要なメンタル法です。
 
僕たちは、ひとつの方向しか見ることができません。
意識は一方向しか見れないのです。
同時に複数を見ることはできないのです。
 
だから、本当に自分らしく生きるために
大事なことは「どこを見るか」なのです。
 
見る視点を変えましょう。
 
どこを見るかを、強く意識しましょう。
 
僕たちは、何が起ころうとも、
何を見るかを自分で決められるのです。
 
 

*********************

【お知らせ】

『天職の學校』 第9期 7月開講!

受講生募集中。
早割は6月18日まで。

https://peraichi.com/landing_pages/view/3nnz4

 

 

 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

メンタルコーチは心を読めるのか?

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

15456_original

 

 

「メンタルコーチです」と言うと、「心を見透かされそう~」って、たまに言われます。
 
メンタリストDaiGoのイメージだよね。心理を読まれる、みたいな。
 
たしかに、心理学ってそういうイメージがありますよね。
 
じゃあ実際はどうなのか?
メンタルコーチは相手の心の内が分かるのか?
 
答えは、
わからないです!
 
 
むしろ、わかってはいけないのです。
 
正確に言うと、
わかったつもりになってはいけない。
 
わかろうとするんだけど、
わかったつもりにはならないのです。
 
 
コーチングって、目標達成や願望実現、また問題解決の手法です。
 
その目標達成や願望実現、問題解決のために
必要な答えは、「自分の中にある」という前提なんですよ。
 
だからコーチングは答えを教えません。
教えないのに、答えに気づいて
問題が解決していくという不思議な感じなんですよ。
 
コーチング受けたことある人はわかると思うんだけど。
 
 
だけど僕たちは、
自分の中に答えはあるけれど、発掘できないのです。
 
無意識の信じ込みが作った前提の枠の中では、
頭で何年考えても分からないわけなんですよ。
 
 
「どんな問題も、それをつくり出したときの意識レベルでは解決できない」
 
とは、アインシュタインの言葉です。
 
 
だからコーチングを受ける人は、
答えに気づくために思考の前提条件を超えて
自分の潜在意識を探索していく必要があるのです。
 
邪魔な思考に頼らず、集中状態になって心の深層にアクセスします。
 
そのときにですよ?
そのときにね、
 
対峙しているコーチが、
クライアントより先に、答えは〇〇ってことでしょ?
っていう態度で接するとね、クライアントは潜在意識に探索できなくなるのです。
 
だってね、心の内を見透かされるなんて、誰だってイヤじゃん!
 
自分の心をさ、わかったように言われるのなんて、誰だってイヤだよね。
 
 
だから僕は、クライアントのことをわかった気にならないことを努めます。
 
クライアントの話を白紙で聴くことに徹します。
 
わかったきにならない。
決めつけない。
評価ジャッジしない。
 
話を聴いてくれる相手がこの態度だから、
クライアントは安全安心を感じて
潜在意識にアクセスできるようになるのです。
 
無意識の脳内プログラムが気づきを妨げているのだけれど、
脳内プログラムは危険を察知したときに出てくるのです。
 
つまり、安全安心を感じてないときに脳内プログラムが強く現れ、
安心を感じたときに緩まるのです。
 
脳内プログラムが緩まったときに、
無意識の偉大な力をポジティブなことに有効活用できるようになり、
潜在力が発揮され、すごい気づきやひらめきが降りてくるのです。
 
 
だからメンタルコーチは、少なくとも僕は、相手の心の内を読むことはできません。操ることもできません。
 
僕は今も人間関係に悩みます。笑
人間だもの。
 
 
メンタリストとメンタルコーチは、
同じメンタルのプロでもまったく違うのです。
 
 
まあ、メンタリストだって相手を操作しやすい状況を作るのが上手いのだと思います。
いつでもどんな状況でも誰でも、人の心を読んで操ることはできないんじゃないかなあ?
 
知らんけど。
 
 
 

 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter

 

熱中できる仕事を見つけたい人が潜在意識コーチングを受けたら、本当は全然違った話

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

 



 
 
自分の将来の目的が分からず、
仕事で何をしたいのか悩んでいた方が、
 
本当に自分らしい人生で本当にやりたいこと
見つかりました!
 
本当にやりたかったことが見つかって、
スッキリ不安がなくなってワクワク進み出しました。
 
 
 
本当に自分らしい仕事と人生が
実現しない本当の原因は、
 
無意識が作ったネガティブな脳内プログラムによって
偽りの自分の願望に向かって進んでいるからです。
本当にやりたいことが見えなくなっているためです。
 
 
 
大切なことは、
 
ネガティブな脳内プログラム超しの
偽りの自分ではなく、
 
脳内プログラムから脱した
純粋な本当の自分に戻って、
本当にやりたいことを発掘することです。
 
 
なぜ、ネガティブな脳内プログラムによって
偽りの自分ができてしまうのか?
 
人は、安全安心の本能が強いからです。
安全安心を保ち、危険を避けるために、
環境や経験によって脳内プログラムを作ります。
 
「●●は△△である」
 
という信じ込みを潜在意識に埋めるんです。
 
それによって、
~でなければいけない
~すべき
~してはいけない
 
といった価値観が作られます。
 
無意識の力は強力なので、
いくら意志で、~したいと考えても負けてしまうのです。
 
 
実際のコーチングセッションでの事例で説明します。
 
20代後半女性のKさんは、
自分の将来の目的が分からず、
仕事で何をしたいのか悩んでいました。
 
僕の潜在意識コーチングを受けて、
本当に自分らしい人生でやりたいことが見つかり、
スッキリ不安がなくなってワクワク進み出しました。
 
 
コーチングを受ける前のKさんは、
今の仕事にやりがいを感じらず、
将来に不安と焦りを感じていました。
 
もっとやりたい仕事でやりがい持って働いて、
スキルキャリアを上げていきたい!
 
というモチベーションと焦りを抱えて
転職活動をしていました。
 
応募した企業は成長意欲を求めるベンチャー企業でした。
 
 
 
しかしコーチングを受けると、
結果的には今の会社の環境が最適だった
ということに気づきました。
 
僕の潜在意識コーチングを受けて、
本当の自分の価値観に気づいたんです。
 
それは、
 
「私、仕事したくないんだ」
 
ということでした。
 
Kさんの使命(この世界での役割)は、
仕事によって為されることではなかったのです。
 
使命が仕事ではに人もいます。
 
仕事をしなくてはいけない
という考えが、すでにプログラムなのです。
 
脱プログラムした、純粋な本当の自分のKさんが本当にやりたいことは、
 
 
自分が好きな人たちと語り合える居場所を
気の知れた仲間と作ること。
 
でした。
 
しかもお金を稼ぐことは関係なく。
 
 
だから、
 
熱中できる仕事を見つけなければいけない
 
と強く考えていたのは、
「純粋な本当の自分」の望みではなく、
「偽りの自分」の望みだったわけです。
 
 
頭で考える普通のコーチングでは
これを発掘することが難しいですが、
 
五感を使った潜在意識コーチングでは
発掘することができるんです。
 
 
熱中できる仕事を一生懸命探し続けていたKさんでしたが、
本当は仕事をしたくないと分かった瞬間の顔は、
一番いい笑顔になってました。笑
 
そして、「純粋な本当の自分」の本当にやりたいことである、
自分が好きな人たちと語り合える居場所を作ることに向けて、
アクションし始めたKさんは、
ワクワクでいっぱいで、人生の主人公として歩き始めました。
 
 
 
本当に自分らしい仕事と人生が
実現しない本当の原因は、
 
無意識が作ったネガティブな脳内プログラムによって
偽りの自分の願望に向かって進んでいるからです。
本当にやりたいことが見えなくなっているためです。
 
 
脳内プログラムから脱した
純粋な本当の自分に戻って、
本当にやりたいことを発掘することです。
 
ネガティブな脳内プログラムの世界で作られた
偽りの自分の願望をがんばることは、
本当はやりたくないことなので、
頭や意志でがんばってもなかなか進まないのです。
 
しかし、純粋な本当の自分の願望に気づくと、
本当にやりたいことなので、
ワクワクして未来を切り拓いていくことができます。
 
それが楽しいんです。
自分の人生の主役が自分になるのです。
 
 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter