わがままになって誰かに喜ばれる ~天職と思える本当に自分らしい仕事、働き方のつくりかた~

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチ 清野裕之のブログ。

白鵬の強さは愛されないのはなぜか?アドラー心理学で解説

f:id:coach-kiyo:20210721185102p:plain

 
 
2021年7月18日(日)、大相撲で白鵬が優勝しました。
 
45回目の優勝。
歴代記録を更新。
(2位は大鵬の32回。昭和46年)
 
6場所連続の休場明けからの優勝。
これも歴代初の記録。
 
しかも全勝優勝。
 
大記録。大実績。前人未踏。
 
しかし、物議を醸しています。
 
歴代断トツの成果を残しているにも関わらず、批判の方が多いんです。
 
なぜなのか?
 
そこには、私たちが学ぶべき大切なメッセージがあります。
 
 
 
白鵬が成し遂げた実績は、もしかすると100年くらい抜かれない数字かもしれません。
それほどの実績なんです。
 
それにも関わらず、メディアもそこまで報じていないですよね。
 
打ち出した記録からいったら、もっともっと騒がれて良いはずです。
祝福されていいはずです。
 
 
そうならない理由は明白です。
 
横綱の品格に欠ける」から。
 
 
だいぶ前から言われていることです。
 
今場所の白鵬の相撲は、これまでにも増して品格が欠けていました。
 
特に千秋楽(最終日)の優勝決定を決める一戦。
 
立ち合いで相手の顔面に強烈なエルボー。
もうプロレス技。
 
そして強引な力ずくの小手投げ。
(小手投げという技は、相手の肘関節を逆方向に押して投げる技。肘が折れる角度に押して投げます)
 
そして勝ったと同時にガッツポーズと咆哮。
 
 
その取り組みの動画
↓ ↓ ↓
 
 
こんなことを他の力士はやらない。
 
たしかに反則ではない。
 
だけど、皆やらない。
 
 
 
これだけの大記録、大復活を遂げながら、
なぜ白鵬は愛されないのか?
 
 
勝てば何してもいいのか?
 
と思われてしまうからです。
 
 
 
どうして、白鵬はこのような行為をしてしまうのでしょうか?
 
アドラー心理学の観点で見ると、分かってくることがあります。
 
 
その答えは、白鵬には「調和」が欠けているからです。
 
アドラー心理学では、「教育の目標」を定義しています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
教育とは
 
1.自立すること
2.社会と調和すること
 
これらを実践するための心理面の目標が、
 
1.自分には能力があると思えること
2.人々は私の仲間だと思えること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
と説かれているんです。
 
 
白鵬には、調和を感じないんですよね。
すなわち、「人々は私の仲間であると思えること」を感じません。
 
白鵬は、まわりの人達を仲間だと思えていないような気がしてなりません。
 
対戦相手をリスクペクトできないです。
 
 
白鵬の中には、「勝たなければ価値が無い」
 
という強烈な脳内プログラムがあるように感じます。
 
 
その証に、本人の表情は喜びよりも苦しさが伝わってきます。
 
 
 
勝つことが一番大事。
記録を作ることが何より重要。
 
これは、自分のことしか考えていないから生まれる価値観です。
 
他者や社会とつながっていないんです。
 
だから、白鵬の取り組みや強さ、実績は、
見る側に勇気を与えないのです。
 
これだけの実績にも関わらず。
 
 
白鵬の圧倒的な強さと実績を見ても、
 
感動がありません。
 
僕はまったく感動しなかった。
 
 
 
恐らく白鵬には、深い幸福感はないんじゃないかな。
 
僕はそう感じます。
 
 
なぜなら、共同体感覚がないからです。
 
共同体感覚とは、人とのつながりや居場所です。
 
これは孤独と戦ってきたのでしょう。
戦って戦って戦って、勝ってきた。
 
誰よりも強い。
 
だけど、幸福そうではない。
 
 
白鵬の心からは余裕がまったく感じられません。
 
勝った瞬間、
「どうだ、見たか!」と言わんばかりの顔です。
 
失うことを恐れいている人の顔です。
 
与える側ではなく、乞う側の人なんです。
 
 
 
 
大切なことは、勝つことではなく、
 
何のために勝つのか、です。
 
アドラー心理学は、すべての悩みは対人関係の悩みである。
対人関係のゴールは、共同体感覚である。
 
と言います。
 
勝つことの目的が、愛されることになってしまっている。
ということは、愛されていないという前提を持ってしまっているのです。
 
勝っても勝っても前提が変わらないので、いつまでも愛されることはないんです。
むしろどんどん負けることが怖くなってしまいます。
 
 
 
企業も同じです。
 
売上を上げることは重要なことです。
 
しかし、法に触れなければ何をしてもいいのか?
売上を上げることが優先されるのか?
 
 
個人も同じ。
自己実現を叶えるために、まわりの人を傷つけてまでも為すべきものなのか?
 
他者との調和と、目標達成は相反することなのか?
 
 
「人々は私の敵だ」
 
「勝たなければ私は価値が無い」
 
この脳内プログラムを持ち、この前提で生きているうちは、
幸福な成功を得ることはできないのです。
 
成功と幸福は別です。
 
そして、成功と幸福は相反するものだと無意識に認識している人が多いけれど、それは違います。
 
成功と幸福は両立できることなのです。
 
その事例は大谷翔平です。
 
彼は皆から愛され、その前人未踏の実績は人々に感動と勇気を与えています。
 
 
【お知らせ】
本当に自分らしい天職、働き方を見つけませんか?
 
参加者募集中

本当にやりたいことの見つけ方講座

 
本格実践ワーク講座 ただいま3000円
 
 

f:id:coach-kiyo:20210519191151p:plain

f:id:coach-kiyo:20210519191158p:plain

 
 
 

f:id:coach-kiyo:20210607011702p:plain

【受講者のレビューの一部】

 
この講座は・・・
 
「自分の本質が学べる講座」でした。 
 
「自分のビジョンを明確化出来る講座」でした 
 
「心が軽くなる講座」でした 
 
「新しい自分に会える講座」でした 
 

「頑張りすぎてる人必見!気持ちが楽になれる考え方を教えていただけます。」でした

 
「自分のやりたいことが本当に見つかる」でした
 
「モヤモヤが解消した講座」でした
 
 
 
ストアカより他多数のレビューが見れます  

 

本格実践ワーク講座 ただいま3000円です。 

 

f:id:coach-kiyo:20210607001411p:plain

 

 

【無料メール講座】
◆自分の原因が解かる!無料で受けられる!◆150人突破!
アドラー心理学流
「本当に自分らしく働く力」診断テスト   


得られる効果
1.「本当に自分らしい働き方」がわかる
2.仕事でストレスを感じることが減る
3.本当に自分らしく働くための秘訣を理解し、応用できるようになる
4.あなたが自分らしく働けない『本当の原因』がわかる 
さらに! 
5.高い潜在能力を発揮しやすくなる 
6.アドラー心理学などの心理学を学べる 
しかも!! 
7.短い時間で、何時間ものセミナー、何冊分もの本のノウハウを無料で得られる  

こちらもどうぞ! 
10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断