わがままになって誰かに喜ばれる ~10年後に後悔しない転職の仕方、働き方~

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、今はアドラー流メンタルコーチ清野裕之のブログ。

転職で会社選びに失敗したくないと言う人は、合う合わないをハッキリさせよう。

転職に失敗したくない。
 
それは誰しもが思いますよね。僕だって思うと思います。
 
それでは、どうすれば転職の失敗を防げるのか?
 
 
こうすべき、ああすべきと指南してくれる情報は、ネットや本で多く得られます。
 
キャリア形成に関するアドバイスも多くあります。
 
 
でも、ノウハウや情報をたくさん得られても、
 
失敗する人は失敗する
 
と思うんです。
 
 
その根本の理由は、
 
 
自分にとっての転職の失敗(会社選びの失敗)が、
 
具体的に何を指すのかよくわかっていない
 
 
からです。
 
 
 
 
転職の様々なリスクや一般論、定石などの情報が多ければ多いほど、
 
混乱してしまうという状況に陥ってしまいます。
 
 
 
人は自分のことがわかっていないものです。
 
人によって、嫌なこと、嫌じゃないことが違うわけです。
 
当たり前のことだけど、けっこう分かっていない人、多いですよ。
 
 
たとえば僕は、公私を分けないウェットな付き合いの方が好きです。
よく飲みに行ったり、家に行ったり呼んだり、休みの日に遊んだり
 
もちろん人によりますが。
 
あと、人と競争させられるのは嫌でした。
 
毎回、1等を競わされたり、誰かと比較されたりするのはむしろモチベーションが下がったし、
 
MVP表彰制度なんか苦痛でした。
 
だけど、同じ環境がむしろイキイキするという人間もいるんです。
 
 
 
評価基準、昇給の上がり具合、残業風土、スピード感、人付き合いのウェット感、
 
売上至上型なのか、競争風土なのか、飲み会好きなのか、残業は許さない代わりに結果に超シビア、
 
 
などなど。
 
 
どんな会社、仕事に就くことが自分にとっての正解なのかがはっきりしていなければ、
 
そこへたどり着くことは難しいですよね。当たり前ですが。
 
会社選び、仕事選びの取捨選択ができていない。
 
集中と選択ができていないので、戦略を作れていない
 
 
ということになります。
 
 
求める条件、求めない条件がハッキリわかっていると、
 
自分に必要な情報を収集することができるわけです。
 
応募の面接のときなど。
 
「とりあえず応募する」とか、「内定が出たら真剣に考える」なんていう人がけっこう多いんですが、
 
これは失敗するリスクを高める動き方だと僕は思います。
 
 
万人に好かれる人なんていないのと同じで、
 
万人が満足する会社もないんですよね。
 
だから、自分の好き嫌い、適性を知っておくべきです。
 
合わない会社でがんばるのも結果出すのもきついですよ。
 
もちろん、合う会社といっても、すべてがピッタリ合うのも無理かもしれません。
 
だけど、本当に本当に自分が大事にしたい価値観の上位は、やはり妥協するべきではないと
 
僕は思います。
 
 
だから、自分の価値観やこだわりに気づくために、
 
これまでの会社、仕事で何が嫌だったか、何が合っていたか。
 
自分にわがままになって、書き出してみるといいです。
 
それを眺めて見て見ると、自分らしさ、自分のこだわりが浮かび上がって見えてきます。
 
 
これをちょっとやってみるだけで、見えていなかった気づきがありますから。
 
そうしたら、自分にとっての転職の失敗が何なのかも見えて来ます。
 
ぜひやってみてください。
 
 
LINEマガジン「わがままになって誰かに喜ばれるマガジン
自分らしくイキイキ働くヒントと勇気が得られるメッセージを送ります。
ブログの記事やLINEマガジン限定記事がラクに読めます。
 
 
 
お知らせ
講座が新しく開催されます !
【「自分を大切にする、自分らしい働き方を知る」方法】
 

【NEW】

10年後に後悔しない自分らしい転職ができる!?適性診断テスト

充実した幸せと成功を両立する仕事、働き方を実現する、天職につながる転職をしてもらいたいという想いで作りました。簡単に自分を認識し、課題を知ることができます。

約10年の転職エージェントでのコンサルタント経験を元に、アドラー心理学の観点と、メンタルコーチングの観点をフル活用した内容です。ぜひあなたの人生に役立ててください!

www.reservestock.jp

 

 

 <自分らしい転職がしたい、仕事がしたい人のためのメンタルコーチングのご案内>

goo.gl