本当に自分らしい仕事と人生の見つけ方

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチKiYOのブログ。

潜在意識から本当の自分を引き出す質問

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

15456_original

 

【今回のテーマ】

自分らしい仕事と生き方を実現するメンタルの3条件を、潜在意識から引き出す質問

 

f:id:coach-kiyo:20220415205311p:plain

 
自分らしい仕事と生き方が実現するメンタル3条件は、
 
①自分にとって何が大事だか分かっている
②自分ができることが分かっている 
③自分は価値ある必要な存在だと感じている
ですね。
 
ここまで前回までのおさらいです。


 
今回は、この3つを自分の潜在意識から引き出す質問をご紹介します。
 
 
では早速!
 

『①自分にとって何が大事だか分かっている』を潜在意識から引き出す質問。

 
 
こう自分に質問してみてください。
 
「夢中になったことは何?」
 
「やりがいや生きがい、やる意義を感じたことは何?」
 
「心底苦痛に感じた仕事は何?」
 
 
あなたが本当に大事にしたいことが
この質問の答えから抽出できます。
 
分かりやすく解説しますね。
 
 
あなたが夢中になった理由は、
それをやることで、
あなたにとって大事なことが得られたからです。
 
 
だから、夢中になったことから
自分だけの大事なことが抽出できちゃうんです。
 
 
やりがいや生きがいや
意義を感じたことは、
シンプルでストレートな質問ですね。
 
もしくは、
あなたがすごく楽しかったこと
でもOKです。
 
 
こんな質問、普段は考えないと思います。
だから気がついていないだけで、
あらためて自問すると意外と出てくるんですよ。
 
 
その答えは、自分でも意外だったと驚く人も多いです。
 
シンプルだけどパワーがある質問です。
 
 
 
次に、心底苦痛に感じた仕事は、
あなたが大事にしたいことが
犠牲になっている証です。
 
 
自分にとって大事なことが犠牲になると、
僕たちはそれを避けたくて、
イライラやストレスなどのネガティブな感情を出すのです。
 
 
だから、苦痛だったことから
あなたが大事にしたいことを
抽出することができます
 
 
以上、
『①自分にとって何が大事だか分かっている』を潜在意識から引き出す質問は、
 
「夢中になったことは何?」
「やりがいや生きがい、やる意義を感じたことは何?」 
「心底苦痛に感じた仕事は何?」
 
となります。
 
 
 
 

■「②自分ができることが分かっている 」を潜在意識から引き出す質問。

 
 
こう自分に質問してみてください。
 
「自分では当たり前だと思っているけど、自分がこれまでやってきたことは何?」
 
 
あなたがやってきた、
あなたにとっては当たり前なことに
目を向けてみてください。
 
その当たり前のことは、
外から見たら当たり前ではないんです。
 
これが落とし穴なわけです。
 
人は、ものごとをありのまま
見ることが難しいのです。
偏ったものの見方をしてしまいます。
 
これをアドラー心理学では
「認知論」と言います。
 
 
例えば、
こんなの普通とか、
こんなの大したことじゃないとか、
こんなこと誰でもできるとか。
 
そんな風に勝手に決めつけていませんか?
 
 
あなたにとっては当たり前のことが、
他の人にとっては全然当たり前じゃない
ということが、めちゃくちゃ多くあります。
 
 
そして、
この世界の幸福を支えているのは、
特別なことではなく、
当たり前のことなのです。
 
 
だから、あなたが当たり前だと思っている
これまでやってきたことは何?
そう自分に質問してみましょう。
 
 
以上、
『②自分ができることが分かっている』を潜在意識から引き出す質問は、
 
「自分では当たり前だと思っているけど、自分がこれまでやってきたことは何?」
 
となります。
 
 
 

■『③自分は価値ある必要な存在だと感じている』を潜在意識から引き出す質問。

 
こう自分に質問してみてください。
 
「共同体に協力するために、あなたができることは何?」
 
 
僕たちは知らず知らずのうちに、
こうしなければいけないとか、
ここまでやらなければ意味がない、
と考えてしまいます。
 
しかし、
それは勝手な思い込みです。
つまり勝手に基準を高く上げてしまうんです。
それをできずに勝手に傷つきます。
 
その基準に根拠はありません。
だから、基準を下げましょう!
 
そして、共同体に意識を向けてください。
共同体とは、会社なりチームなり顧客なり家族なりです。
 
最も重要なことは、
しっかり相手を見ることなのです。
 
共同体をしっかりと見て、
何を求めているのかを分かろうとするんです。
 
相手が何を必要としているか理解できると、
あなたができ得ることは自ずと見つかります。
 
貢献できることは能力次第ではないのです。
どんな人でも必ず貢献できることはあります。
 
相手を見ずに自分のことばかり
見ているから、自分にできることが
見つからず、自分に価値を感じられないのです。
 
 
再びアドラーのこの言葉をご紹介します。

「共同体に貢献していると感じられるときに、自分に価値があると思える」
 
 
以上、
『③自分は価値ある必要な存在だと感じている』を潜在意識から引き出す質問は、
 
「共同体に協力するために、あなたができることは何?」
 
となります。
 
 
 
 
今回は、自分らしい仕事と生き方を実現するメンタルの3条件を、
 
潜在意識から引き出す質問についてお話しました。
 
ぜひ試してみて欲しいです。
人生に最も強い影響を及ぼす、自己概念(セルフイメージ)が変わります。
 
だけど、ただ自分に問うだけより
もっと効果的な質問のコツがあります。
 
 
次回は、潜在意識から引き出す上手な自問のコツをお伝えしようと思います。
 
お楽しみに!
 
 
 

 

【特別企画】
本当にやりたいことを見つけたい人は、自己啓発本を10冊読むよりこの3本の動画で学んでください!

◆ 本当にやりたいことや方向性が見えるようになった 81%
◆ 本当にやりたいことを仕事にする勇気を持てるようになった 85%
◆ 心が「苦しみを避ける」から「喜びを得る」に変わった 88%
※本動画講座のノウハウを実践した、天職の學校の受講生の結果

ノウハウを無料公開!


<動画講座>
アドラー心理学でわかる
「自分らしい天職の見つけ方の教科書」




3ステップの動画で学べる、
本当に自分らしい天職の見つけ方!

無料公開中!

f:id:coach-kiyo:20220326144721p:plain

 

 

◆10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter