本当に自分らしい仕事と人生の見つけ方

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチKiYOのブログ。

希少!やりたいのにできない原因!全く無自覚だった脳内プログラムの実例5つ

すべての人に使命と役割、才能があると信じ、魂から喜びを感じて生きることに導く。

本当に自分らしい天職をつくるアドラー流メンタルコーチのKiYO(清野 裕之)です。

 

15456_original

 

今回のお話は、

「希少!やりたいのにできない原因!全く無自覚だった脳内プログラムの実例5つ」

 

f:id:coach-kiyo:20211225164049p:plain



です。

 

本当にやりたいことが見つからない。

やりたいことはあるのに実現できない。

自分が何者だか分からない。

未来が見えなくて不安。

 

多くの人がこのように、望む意志があるのに、分からなかったり行動できなかったりします。

 

その要因は意志の強さや、不安を乗り越える力だと思いがちです。

しかしそれは違います。

 

本当の原因は、無意識が作った脳内プログラムです。

 

今回は、実際の事例を5つご紹介します。

プログラムの実例は他でほとんど見たことがないので、とても希少です。

 

---------------------

【お知らせ】
本当にやりたいことに悩んでいる人は、

自己啓発本10冊読むよりこの動画をしっかり観てください。


<動画講座>
「自分は何者なのか?」の見つけ方

年末年始の期間限定です。
有料の内容。無料で観れます。

こちらからどうぞ
 ▼ ▼ ▼
https://resast.jp/subscribe/188203/221125

---------------------

 

 

 

僕はこれまで、やりたいことが見つからず実現できる悩み苦しむ人を、何百人も見てきました。

 

みんな、幼少期に作られた無意識のプログラムによってブレーキがかかり、苦しんでいました。

 

脳内プログラムの理屈は理解できても、どんなものなのかよく分からないと思います。

 

 

そこで今回は、実際の事例を5つご紹介します。

 

脳内プログラムについてはこちらのエントリーが役立ちますのでご覧ください。

本当にやりたいことを止る正体を、アドラーは何と言ったか?

https://coach-kiyo.hatenablog.com/entry/2021/12/25/160033

プログラムってこんな風にブレーキになっているんだな

と思えることで、自分のプログラムに気づきやすくなります。

 

プログラムは気づくだけでも緩和するという性質があります。

 

 

本当にやりたいことを止めていた脳内プログラムの実例が紹介されることは、他ではほとんど見たことがありません。

 

ぜひご覧ください。

 

 

■ やりたいのにできない原因!全く無自覚だった脳内プログラムの実例5つ

 

やりたいことが実現しない
脳内プログラム事例①

 

・プログラム
貪欲さがない私は認めてもらえない

 

➡作った信念
ハングリーであらねばならない

 

➡映し出す現実
ハングリーになる貧しい現実が必要。
やりたいことがなかなか実現しない。

 


やりたいことが実現しない
脳内プログラム事例②

 

・プログラム
挑戦できない私は評価されない

 

➡作った信念
前に進んでバリバリ仕事しないといけない。
休んではいけない。

 

➡映し出す現実
挑戦する困難な問題が必要で、それを作り続けてします。

 


やりたいことが実現しない
脳内プログラム事例③

 

◆ プログラム
お金を儲けることは人から嫌われる。

 

➡作った信念
自分のやりたい好きなことでお金を稼ぐことは人から嫌われて痛みを伴う。

 

➡映し出す現実
高いお金を出す価値観を持たないお客さんが必要。だから好きなことをやってもなかなかお金を稼げない。

 

やりたいことが実現しない
脳内プログラム事例④

 

◆ プログラム
自分に好きに生きていくには、特別なスキル能力が必要

 

➡作った信念
特別なスキルを持つスペシャリストでないと、フリーランスで食べていけない。私は突出した能力がない。だからフリーランスにはなれない。

 

➡映し出す現実
フリーランスにならないように、自分に自信を持たない必要がある。常に不安で目移りしやすい。

 


やりたいことが実現しない
脳内プログラム事例⑤

 

◆ プログラム
途中でやめてしまう自分はダメだ。愛されない。

 

➡作った信念
本当はやりたいことがあっても、仕事をやめてはいけない。

 

➡映し出す現実
会社を辞めないために、本当にこれがやりたいんだっけ?と迷う必要がある。

 

いかがでしたか?

自分も似たようなプログラムを持ってしまっていると感じましたか?

 

 

■ ブレーキをゆるめる簡単な方法

 

脳内プログラムの仕組み、そして実例を知れることは大きいです。

なぜなら、知らないことは扱うことができないからです。

その存在を知るということは、とても重要なことです。

 

あなたがモヤモヤしたとき、ブレーキをかけている脳内プログラムの存在を疑ってみてください。

 

脳内プログラムは、目の前の事実とは異なる信じ込みです。

 

最後に、ブレーキをゆるめる簡単な方法をお教えしますね!

 

不安を感じときは、こうなるに違いないという思い込みのイメージを持っているときです。

 

そのとき、こう自問自答してください。

 

「これは事実かな?思い込みかな?」と。

 

自分を客観視できます。

すなわち脱プログラムします。

 

これは本当に使える技術です。

簡単かつ強力です。

ぜひやってみてください。

 

 

脳内プログラムについての解説は、こちらのエントリーを読むと分かります。

▼ ▼ ▼

coach-kiyo.hatenablog.com

 
-------------------------------
質問、相談があればこちらまでどうぞ!
↓ ↓ ↓
-------------------------------

 

本当に自分らしいやりたいことを見つけませんか? 

【年末年始限定公開!無料動画公開】

本当にやりたいことに悩んでいる人は、

自己啓発本10冊読むよりこの動画をしっかり観てください。

f:id:coach-kiyo:20211224191320p:plain 

 

こちらもどうぞ! 

250人突破!【有料級メール講座】
アドラー心理学で学べる

「自分らしく幸福に働く教科書」 (あなたの診断テスト付き!)

 


10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断 

 

KiYO(清野裕之)のSNS
フォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿が見たいからはコチラ)
Instagram
Twitter