わがままになって誰かに喜ばれる  ~天職と思える本当に自分らしい仕事、働き方のつくりかた~

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチ 清野裕之のブログ。

お寺に書いてあった「働く」の意味がいい言葉だった。

昔、どこかのお寺が貼り出していた紙に
こんなことが書いてありました。
 

f:id:coach-kiyo:20200213020328j:plain

働くとは、
はたらく。
 
はた楽
 
だと。
 
「はた」とは、人のこと。
 
つまり、人を楽にすることが、
働くということである、と。
 
 
どう思いますか?
 
たしかに理にかなっているんですよね。
 
 
仕事って、商売って、
 
誰かの困りごとを解消したり、
 
誰かの喜びを創出することで、
 
その対価としてお金をもらうわけですから。
 
 
 
労働の対価として、
お金をもらってるわけじゃないんですよ。
 
労働の対価で給料をもらってる感覚の人
多いんですが。
 
違います。
 
だって、給料のお金は誰が払ってるかというと、
会社じゃなくて、
お客さまなわけだから。
 
 
 
もうひとつ、これに通ずる話があります。
 
人が幸福になる最も大切な条件は、
「他者貢献」だと言ってるんですね。
 
 
これも、はたを楽にすることと同義ですよね。
 
 
だからね、仕事や働くということの本質は、
自分が幸せになることなんですよ。
 
誰かを楽にし、
誰かに貢献し、
喜ばれ、
感謝され、
自ら幸福を感じ、
お金をもらう。
 
ということなんですね。
本当はね。
 
だけど、こうじゃない人が、あまりに多いね。
 
学校は、こういうことを教えないといけないと思うよね。
もちろん会社でも。
 
 
 
今日は、誰かを楽にするって意識を
ちょっとだけ持って、
仕事をしてみませんか?
 
 
 
 
 
<本当に自分らしい仕事、働き方を実現する「天職コーチング」のご案内>
 

コーチングを受けた人の声

 

■□━━━━・・・・‥‥‥……   
 

無料公開中!心理技術を活用した人気メール講座
 

自分らしく幸福に最高の力を発揮する働き方は、自ら創るものだ!

◆ アドラー心理学流「本当に自分らしく働く力」診断テスト


いつまでも自分らしい働き方ができない、本当の原因がわかる。

さらに!自分の改善点に気づけるセルフチェック機能付き!!

 

 

◆ 10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断

 

 

SNSフォローどうぞ!

Facebook(プライベートな投稿も見たい人はこちら)

Instagram(ひとことコーチングを見たいはこちら)

Twitter