わがままになって誰かに喜ばれる ~天職と思える本当に自分らしい仕事、働き方のつくりかた~

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、アドラー流キャリアコーチ 清野裕之のブログ。

悩んでも出てこなかったのに、100%しっくりの自分らしい働き方の選択肢が見つかった事例

 
悩んでも出てこない、100%しっくりくる自分らしい働き方の選択肢が見つかった事例から、どうすれば本当に自分らしい天職のような働き方が見つかるのかをお教えします。
 
前回のこちらのエントリの続きです。

 
 
何もアドバイスをせずにただ聴くだけで、仕事のやりがいと家庭(出産、子育て)の二つの願望の葛藤に悩んでいる、ということがわかりました。
 
自分でも何が問題なのか、何に悩んでいるのかがわからない人が90%以上、いや感覚的には99%なので、テーマ(問題)が明確になったことは大きな前進です。
 
仕事と子ども、本人にとってはどちらも大事なんです。
だけど、両方とも手に入れることはできない。
どっちか諦めなければいけない。
 
だから悩んでいるわけです。
 

f:id:coach-kiyo:20191226163303j:plain

 
次に、こう質問をしました。
 
「〇〇さんは、本当は、どうしたいんですか?わがままな本当の願望を教えてください」
 
と。
 
すると、少しの間考えてこう答えました。
 
 
「矛盾するんですけど、夢中になって仕事に没頭したいです。寝食を忘れるくらいに。」
 
 
 
出ました。本音が。
 
この回答が聞けたとき、僕はまた一歩進んだ手応えを感じました。
 
どうしてかというと、「矛盾するんですけど」という言葉から始まる”本音”を言えたと感じたからです。
 
人は、ストレートに本音を言うことがなかなかできないんです。
 
こうあるべきとか、
こうあってはいけないとか、
そんな考えはダメだとか、
わがままだとか、
こんなこと言ったらどう思われるんだろうとか、
頭で色んなことを考えちゃって。
 
それで、本音がわかんなくなっちゃう。
皆さんにもきっと経験ありますよね?
 
 
「矛盾するんですけど」って言ったのは、まさに本音である証です。
 
一年以内に子どもを産んで育てたいのに、夢中になって仕事に没頭したいと言うことは無理なことだし、わがままだ、と思っているからです。
 
 
 
 
はい。ここで気が付きますか?
 
無意識のブレーキがかかっていることが。
わかります?
 
 
 
それは、出産・子育てと、仕事に没頭することの両立は、無理だと決めつけているということです。
 
つまり、そう決めつけている、そう思い込んでいる、”無意識の認知プログラム”がこのクライアントの中に在ったわけです。
 
 
たしかに、それができている人は少ないかもしれない。
だけど、”少ない”ということと、”不可能”ということは、イコールではないんです。無理ではないんです。
 
ですよね?
 
 
うん。頭では理解できる。
 
でも、無意識的、体感的には、無理だと感じているわけです。
 
だから、矛盾という言葉が出てくるわけだし、葛藤が生じるんです。
 
葛藤が生じているとき、人は能力が発揮されません。
つまり、葛藤状態にあるときは本当に自分らしい天職に至らないということです。
 
 
仕事をセーブして出産・子育てをしたい、ということが本音なのではなく、本当は「夢中になって仕事に没頭したい」ということは、この人が一番大切にしたいことは仕事に熱中することであることがわかります。
 
さらにその意義も存在します。それがこの人にとって最も大切な価値観や信念になのです。(チームで成果を出すこと、というようなお話でした。「仕事に没頭したい」という同じ言葉でも人によって意味が異なります。)
 
その自分にとっての最も大切な価値観や信念を、否定していたんです。だって、家庭に迷惑をかけたり、出産や子育てに支障が出ちゃう、って思っているから。自分の本音を責めている状態だったんです。それは本人にとっては全然幸福じゃないし、能力も発揮されない。何より自分らしくないのです。
 
 
で、このとき僕はこう言いました。
 
「浸食を忘れるほど仕事に没頭して、仲間と成果をつくることが、〇〇さんにとって大切なことなんですね」
 
と。
 
これによって、ありのままの自分を受容し、ゆるすことができるのです。
 
この、自分を責めるのをやめて、ゆるすということが、とても重要です。
でないと、本当の自分らしい働き方を見つけることができないから。
 
 
 
そこで次の質問。
 
「夢中になって仕事に没頭することと、1年以内に出産・子育てをすることの、その両方とも叶えることを邪魔しているものはなんですか?どうしてできないんですか?」
 
と。
 
 
すると、すぐにこういう回答が返ってきました。
(すぐに返ってきたということは、この方の中にいつも強く存在していたということです)
 
 
「昔から、仕事に没頭するとそれしかできなくなるからです」
 
と。
 
 
はい、ここでも ”認知プログラム” にかかっている”のに気づきましたか?
 
 
それは、『自分』=『仕事に没頭するとそれのみになる』という思い込みです。
自分自身へのイメージです。
 
 
たしかに過去はそうだったんでしょう。
 
でも、未来はわからないはずなんです。
 
未来もきっとそうなるに決まっているって、イメージしちゃってるんです。
 
 
その原因は、『自分』=『仕事に没頭するとそれのみになる』という思い込み(認知プログラム)です。
 
 
だから、次はこの思い込みを外す質問をしました。
 
 
 
「仕事にも没頭して成果を上げていて、子育てもちゃんとしている、憧れる人はいますか?」
 
と。
 
 
すると、
 
「いませんねぇ。。」
「私のまわりには、いないです」
 
という答えが返ってきました。
 
最初は。
 
でもちょっと探してもらったら、「あ、一人いました!」って言うんです。
 
はい。ここで、“認知プログラム”が少し書き変わりました。
 
仕事と出産・子育ての両立は不可能ではない、と。
 
 
そして、どんな人なのか?その人のどんな所に憧れるのか?ということを具体的に聞いて言葉にしてもらうことで、よりくっきりとイメージを持ってもらうようにしました。
 
 
その後に次の質問。
 
「もしもあなたが、仕事も出産も子育ても妥協せずに100%やることができる、その人(憧れるの人)の能力やスキルを持っているとしたら。その先の未来は、どんな道が拓かれますか?」
 
と。
 
 
少しの沈黙がありました。
 
僕はただ待ちました。何も言わずに。
 
 
 
 
 
すると次の瞬間、その人の口から衝撃の一言が出てきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
「強いお母さんになってます」
 
 
と。
 
 
 
ぞわーーっと、鳥肌が立ちましたよ。
 
 
 
こんな発想、こんな言葉、本人でさえも初めて出てきたもの。
 
本人もちょっと驚いてました。
 
潜在意識から出てきたこと。
いくら頭で考えても出てこないことなんです。
 
 
”強いお母さん”をもっと掘り下げてみると、すごい素敵なイメージがさらにわいてきました。
 
 
子どもがお母さんにこう言うんですって。
 
「仕事しているお母さん楽しそうだね。自分も早く仕事したいな!」って。
 
背中で子どもに見せているんです。
 
仕事をすごいがんばっているお母さんを見て、子どもがいきいきわくわくしている。
 
 
 
 
すごく素敵じゃないですか?
 
この人しかできないことで、
この人だからできること!!
 
 
すごい感動です。
 
パアァーーーっと雲が晴れて光が差し込んだ感じです。
 
 

f:id:coach-kiyo:20191226163601j:plain

 
 
 
誰しもが思いもよらなかった答えが出てくる。
これがコーチングの力なんです。
 
クライアント本人にもコーチにもわからない答えが出てくるんです。
コンサルティングティーチングではこれは出てこない。
 
こうするべき、こうするのが良いよ、というアドバイジングでは未知の可能性を生めないから。
 
 
 
「強いお母さん」が、この人にとっての本当に自分らしい働き方。
 
100%しっくりきちゃいました。
 
 
葛藤は消え、選択も決まったようです。
 
 
 
【ポイントまとめ】
 
葛藤やモヤモヤする気持ちは、無意識下で作られている思い込み(認知プログラム)が存在するために起こる。本当に自分らしい天職のような働き方は、この思い込みの認知プログラムを外すことが必要。そして、本当に望む未来を想像する。
 
 
このケースでは、自分自身に対して強い認知プログラムが作られていた。
 
たとえば、こんな思い込みが存在していました。
 
・自分は、仕事に没頭するとそれしかできない。
・仕事に没頭することを望む自分はダメだ。
・仕事と出産子育てを100%両立することはできない。
 
これらをゆるめて、本当に望む未来を想像すると、思いもよらないビジョンが潜在意識の中から出て来るのでした。
 
これこそが、本当に自分らしい働き方。
 
 
この方が受講した講座の開催情報は、下記に案内があります。
少数形式の実践講座です。最大でも6名までです。
 
 

■□━━━━・・・・‥‥‥……  

 

本当に必要だったこと 

こんな思考、しちゃってませんか?

● 過去の結果が、未来につながっている。
● 会社や上司からの評価を得るために、どうすればいいかを考える。
● 同僚や上司との競争に負けないためにがんばる。
● 短所や苦手は、改善しなければいけない。
● ネガティブに考えることは良くない、ポジティブに考えなくてはいけない。

これらは、本当に自分らしい働き方が見つからない、実現しない人の思考です。

 

なぜ、自分らしく働くことができないのか?

90%以上の人が分かっていない、本当の原因がありました。

 

 

f:id:coach-kiyo:20190106172509j:plain

質にこだわった内容です。
自分らしく働きたい方に無料でプレゼントしています。
 
ありがとうございます。100人を超えました。
もっとたくさんの方々にお届けしたいです。 
 

**************
★LINEマガジンに登録しませんか?
週3回程度、ブログのお知らせをメインに、

幸福と成功を両立する自分らしくイキイキ働くヒントと

勇気が得られるメッセージを送ります。   

「わがままで喜ばれる働き方マガジン」                                 友だち追加

もしくはID検索「@rpc1732w」

************** 

<講座のご案内>

自分らしい働き方や転職を、”実現”しませんか? 

【満足度4.6!】本当の自分らしい働き方が見つかる実践セミナー
 「自分を大切にする、本当に自分らしい働き方の見つけ方」講座

【実践ワークだから見えてくる!!!】心理技術を活かして、自分では気づけない潜在意識にある本当の自分の道が見えてくる!!!

  f:id:coach-kiyo:20191221162140p:plain

参加者のレビュー評価

 
 

『40代が”3ヶ月以内”に理想の転職が実現する、正しい転職活動の方法』講座

f:id:coach-kiyo:20191221163059j:plain

離職中の人にも!!元プロの転職エージェントが願望実現の心理技術を活かし「最短距離」で「自分らしく幸せ」に「成功する」方法を公開します!

参加者のレビュー評価

 
 

清野裕之のSNSフォローどうぞ!

Instagram

Twitter

Facebook