わがままになって誰かに喜ばれる ~幸福と成功を両立する、10年後に後悔しない転職の仕方、働き方~

天職につながる仕事をしよう!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしく生きて人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人のために贈る。元転職エージェント、今はアドラー流メンタルコーチ清野裕之のブログ。

上司と合わない・・という嘘

上司と合わないという悩みを持つ人は、とても多いんじゃないかと思います。
 
僕もそういう経験があります。
 
 
もしあなたが、上司が合わないことに日々ストレスを感じているのなら、
 
きっと毎日がとてもきついでしょうね。
 
朝、「あー、今日も会社に行くの嫌だなあ」って思う人もたくさんいるかもしれませんね。
 
 
そんな人に聞いてもらいたいこと。
 
 
毎日がつらいのは上司のせいであって、上司のせいではない、と言ったらどうしますか?
 
たしかに上司とは合っていなくて、ストレスの要因になっていると思います。
 
だけど、本当にそうでしょうか?
 
その上司の下で働き始めた瞬間から相性が悪く、嫌いでしたか?
 
きっと、ストレスではない時もあったのではないですか?
 
たとえば夫婦関係でも同じかもしれません。
 
はじめは仲良かったのに、その頃が信じられないくらいに憎しみ合っている・・。みたいな。
 
珍しい話ではないですよね。
 
仲が良かったときとと、仲が悪くなったとき、まったく同じ二人であるはずなのに、
 
何が違うのか?
 
相手が変わった? 
 
好きだった、もしくは嫌いではなかったのに、今では嫌いになったというのなら、
 
それはきっと、変わったのは自分自身の心なのだと思います。
 
あなたの心が、無意識に嫌いになろうとした。
 
その人を嫌いになることで、あなたは何かを守ろうとしているのではないかと思うんですね。
 
 
たとえばだけど、仕事に情熱的で前のめりのときって、
 
対人関係で”悩む”ってことは、あんまりないんじゃないかと思うんです。
 
対人関係で悩み、ストレスを感じ、会社に行きたくないと毎日思う程、
 
もしくは、本気で転職を考えるほど上司とのストレスが問題になっているというのは、
 
きっと自分の仕事が充実していないなんじゃないかと思います。
 
上司が原因で情熱を注げていないわけじゃないく、その前から情熱の冷めは始まっていたのでは。
 
(ただし、よほど劣悪なパワハラがあるなどの極端な例は別かもしれません)
 
 
上司を理由に、何かを守ろうとしていたり、何かを避けようとしていたり、何かを得ようとしていたり、
 
しているのかもしれない。
 
 
本当の心の本音を聴くことをしないと、
 
その上司と離れられても、また合わない上司を作り出すことになるかもしれません。
 
でも、人間は弱い生き物でもあるので、そう分かってはいても環境を変えた方が
 
リスタートできることだってあると思います。
 
だから、逃げの転職だって、僕はいいと思っています。
 
 
やはり大切なことは、自分自身の心の本音の声を聴くこと。
 
怖い、嫌だ、べきじゃない、ダメだ、
 
というのは、本当の心の声ではありません。頭の声ですね。
 
 
会社員時代、僕はいよいよ上司に疎まれ、耐えきれなくなり次の仕事を何も考えずに辞意を伝えました。
 
そのときはとても辛く苦しかったですが、今では必然だったと思えます。
 
辞めたあと、不安よりもずっと清々しい気持ちの方が、大きかった。
 
 
僕の心の声は、本当は辞めたがっていた。
 
いや、というよりも、本当はもっとやりたいことがあった。
 
 
本当にやるべきことをやらせるために、魂が、上司と合わなくさせたのかもしれません。
 
 
 
 
 
お知らせ
講座が新しく開催されます !
【「自分を大切にする、自分らしい働き方を知る」方法】
 

【NEW】

10年後に後悔しない自分らしい転職ができる!?適性診断テスト

充実した幸せと成功を両立する仕事、働き方を実現する、天職につながる転職をしてもらいたいという想いで作りました。簡単に自分を認識し、課題を知ることができます。

約10年の転職エージェントでのコンサルタント経験を元に、アドラー心理学の観点と、メンタルコーチングの観点をフル活用した内容です。ぜひあなたの人生に役立ててください!

www.reservestock.jp

 

 <自分らしい転職がしたい、仕事がしたい人のためのメンタルコーチングのご案内>

goo.gl