読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがままになって誰かに喜ばれる ~10年後に後悔しない働き方、転職のしかた~

天職につながる仕事をしろ!『わがまま』とは夢、正直な自分。自分らしさを発揮して自分にも人にも喜ばれる。そんな働き方、仕事、転職を実現したい人へ。元転職エージェント、今はアドラー流メンタルコーチ清野裕之のブログ。

本当の共感を知ると自分らしさを通しやすくなる。

たとえば、
 
上司と
部下と
面接相手と
 
こういった相手との関係性が、自分らしく働くことに直結しますよね。
 
アドラーは、「すべての悩みは人間関係につながっている」と断言している程ですから。
 
 
「あの人のことは共感できない!」
 
と思ったことって、ありますよね?
 
 
逆に、「この人、共感できるなあ」
と思ったこともあると思います。
 
まわりの人と仲良くやれているときと、
まわりの人と仲良くやれていないとき。
 
どちらが自分らしく仕事ができてると思いますか?
 
当然、前者ですよね。
 
 
なので、自分らしい仕事や働き方を実現するには、人と仲良くすることが必要です。
 
ただし勘違いして欲しくないのは、仲良くしなければいけないと説きたいわけではありません。この人とは仲良くしないという判断をする選択もありです。特に仕事ではそれが可能です。辞めたり、付き合いを切ったりすれば良いので。親子関係ではそうはいきません。
 
 
でも、自分が本当にやりたいこと、成し遂げたいことがあったり、自分が幸せになるために、仲良くした方が良い人がいるのなら、その努力をすることに意味はありますね。
 
 
で、人と仲良くするコツは、『共感』ですよね。
 
ところが、です。
 
共感ができている人って、実はけっこう少ないんです。
 
「あー、それわかる!私も!」
 
というのは、共感ではないんです。
 
それは、単なる『同調』です。
 
自分の主観フィルターを通して、記憶を思い出し、同じだと感じているに過ぎません。
 
つまり多くの場合で人は、相手に同調して、相手のことをわかったつもりになってしまっているわけです。
 
そう、わかったつもりですから、
実はわかっていません。
 
 
アドラーは言います。
 
共感とは、
 
相手の目で見て、
相手の耳で聞いて、
相手の心で感じることだ、と。
 
 
「あの人は共感できない!」という気持ちは、「同調できない」ということになります。
 
相手の人生の歴史を、その環境での歩みを想像し、
相手の立場を想像し、
相手の目からはどう見えるのだろう。
どう聞こえるのだろう?
 
それらを見て、聞いたら、心はどう感じるだろう?
 
その結果、どうしたくなるだろうか?なんて言いたくなるだろうか?
 
こう想像してみると、理解の景色が変わります。
 
これが共感です。
 
メンタルコーチングでは、これをもっと臨場感を持って潜在意識から掘り起こすことを行います。
 
会社や上司の立場を想像できたり、
部下の立場を想像できたりする人が、やはり仕事ができますね。
 
また、面接なんかでも、その会社の立場や、面接官の立場を想像してコミュニケーションを取れる人は、良い面接になります。
 
 
 
僕は会社員を辞める際、上司から「扱いにくい」と言われました。
 
その言葉が理解できず腹が立ちました。
 
 
数日後、自分で、相手の立場に立って、相手の目から自分を見ようとしてみました。
そして言いたくなったことは、
 
「扱いづらっ!」
 
うーん。なるほど。こりゃこの相手からしたら、俺のことまったく理解できていないな。
 
という気づきを得たのでした。
 
 
そう思えると相手への理解が少し深まり、それ以上腹が立つこともあまりなくな
りました。
 
それよりも行きたい先、大事にしたいことが異なるので、それを大切にして会社を辞めて本当に良かったと思っています。
 
 
今日は『共感』のお話でした。
 
 
ぜひ試してみてくださいね。
 
 
メンタルコーチングでは、これをもっと臨場感を持って潜在意識から掘り起こすことを行います。
 
会社や上司の立場を想像できたり、
部下の立場を想像できたりする人が、やはり仕事ができますね。
 
また、面接なんかでも、その会社の立場や、面接官の立場を想像してコミュニケーションを取れる人は、良い面接になります。
 
 
 
僕は会社員を辞める際、上司から「扱いにくい」と言われました。
 
その言葉が理解できず腹が立ちました。
 
 
数日後、自分で、相手の立場に立って、相手の目から自分を見ようとしてみました。
そして言いたくなったことは、
 
「扱いづらっ!」
 
うーん。なるほど。こりゃこの相手からしたら、俺のことまったく理解できていないな。
 
という気づきを得たのでした。
 
 
そう思えると相手への理解が少し深まり、それ以上腹が立つこともあまりなくな
りました。
 
それよりも行きたい先、大事にしたいことが異なるので、それを大切にして会社を辞めて本当に良かったと思っています。
 
 
今日は『共感』のお話でした。
 
 
自分らしい仕事、働き方を実現するために、必要なことです。
 
ぜひ試してみてくださいね。
 
 
~お知らせ~

メンタルコーチ清野裕之の「わがままになって、誰かを喜ばらる」LINEマガジンをスタートしました。自分らしく働く、天職を見つける、ヒントをお届けします。


ブログのアップの他、このLINEマガジンだけでお伝えする内容もあります。

無料です!


「LINEアプリを開く」から「追加」で登録できます。
https://line.me/R/ti/p/%40rpc1732w